一般社団法人地域資源活用推進協会

地域の未来を共に創造する

       SDGsの一覧画像です。
       背景枠の画像です。        

一般社団法人
  地域資源活用推進協会

官民が一体となり、地域の資源を活かしSDG'Sに取り組み、持続可能な地域社会をつくります。

協会理念

       スカイブルーの下線です。

地域の未来を共に創造する

協会目的

       スカイブルーの下線です。

地域の資源を活かした事業づくりに貢献する。
地域の官民が連携して事業を進めていくことをサポートする。
SDG'Sへの取り組みをサポートする。

時代背景

 地方の活用されていない様々な地域資源の利活用が深刻な問題となっています。
 その地域資源をいかに活かしていくかが、これからの地域活性化の「鍵」になっていくと考えられます。
 政府の表明にもあったように、『グリーン社会の実現』を成長戦略の柱に位置付け、 2050 年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすると宣言した中で、この実現に向けた「鍵」として、次世代型太陽電池の研究開発を促進させる方針を打ち出しました。
 各市町村では、増え続ける自然災害の影響もあり、災害時の電力確保も重要な課題となっていることから地域電力への関心が高まっています。
 また、地方において人口減少、空き家の増加が加速度的に進んでおり、その対策、 新たな活用方法を模索しています。

   日本地図の画像です。
         プロジェクトの一つ目です。

エネルギー事業

新電力会社立ち上げや LED’ S 導入サポートを通して、 エネルギーに強い地域づくりを図ります。

         プロジェクトの二つ目です。

空き家対策事業

空き家管理及び、空き家の 利活用を行い、地域資源の 有効活用を図ります。

         プロジェクトの三つ目です。

ふるさと納税事業

ふるさと納税の企画運営や 地域商品づくりを行い、 地方の魅力を外に発信し、 活力ある地域づくりを図ります。